HOME >> 梱包材の進化 >> 梱包材と物流の現在

梱包材と物流の現在

img016

梱包材の進化は物流コストを如何に下げるかというニーズに基づいたものといえるでしょう。

そして現在では、それにもう一つ、環境問題への配慮という要素も大きくなっています。

工場間を何度も行き来するような梱包に、プラスチックダンボールを利用したオリジナルの箱を作り、それを何度も利用するといった手法はその影響だといえるでしょう。

紙やダンボールの輸出用梱包材でも、現在ではほぼ100%、古紙としてのリサイクルが可能になっています。

リユース、リサイクルという流れは、もう後戻りすることはないでしょう。

今後の梱包材については、こうした視点から開発された商品が過半を占めていくようになるに違いありません。

廃棄コストの削減や木材使用に関わる森林資源の確保といった点からも、商品開発は進んでいくでしょう。

同時に物流のスピード化も梱包材に大きな影響を与えています。

例えば、アパレル商品などでは、企画製造販売までがわずかに数週間といった商品も登場しています。

そうしたジャストインタイム方式の納品が可能なのは、インターネットの発達によって、流通の効率が飛躍的に上がったからです。

流通の変化と共に、梱包材も変化を求められているのです。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。