HOME >> 梱包材の進化 >> 物流のサービスの進歩

物流のサービスの進歩

img017

物流のサービスの進歩は、インターネットや情報技術の発達によって飛躍的なものとなっています。

今や、通信販売で頼んだ商品は、指定日時にほぼぴったりと届きます。

それは商品の製造、保管、流通と全てに亘って合理化が進んでいる結果ですが、その流れの中に梱包材の進化も位置づけられます。

通信販売の隆盛は、商品を如何に大量に合理的に運ぶかという流通の問題を明らかにしました。

その結果、できるだけ効率的に、この場合、トラックにできるだけ無駄なく積み込み、それを効率的に配達するかということになるわけですが、そのためには、梱包材に例えばQRコードを印刷するといった工夫が必要になります。

つまり製造過程で梱包にプラスして、もうひとつ印字作業が増えることになります。

するとこの印字作業をどのように効率化できるかということも問題になるわけです。

すると企画化した箱のほうがラインを通りやすいという新たなニーズも生まれます。

そのため、通信販売の業界などでは、梱包する箱の規格化をより強力に進めようとする動きもうまれています。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。