HOME >> 梱包材の進化 >> 大量の物資流通

大量の物資流通

img020

現在は大量に物資が世界中を行きかう時代です。

しかも、できるだけ無駄なくコストを極限まで削り、さらに地球環境にも配慮しなければなりません。

こうした状況の中で、これまでにも述べてきたように梱包材は進化し続けています。

今後は、より軽量で、丈夫で、商品を守ることができ、しかもリユースやリサイクルに耐える梱包に様々な梱包が置き換えられていくでしょう。

梱包の情報化といったことはさらに進化するに違いありません。

梱包にQRコードをつけることによって、その商品の中味や賞味期限、重さ、発送依頼者、受取場所、受取人といった情報が一元的に管理されるようになるでしょう。

梱包材の形や素材もより進化していくでしょう。

精密機械を安全に運ぶためには、静電気や水、湿気など様々な要素を考慮に入れなければなりません。

世界中から食料を運ぶためには、冷凍保管技術やチルド技術に適応した梱包材の開発がより進んでいくでしょう。

そうして世界の国々はますます交流をまし、経済はより巨大化していくに違いありません。

梱包の技術はこうした世界経済の発展に少なからず寄与しています。

また地球環境を考える上で、梱包にもリサイクルやリユースやリデュースといった視点が求められるようになるでしょう。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。