HOME >> 梱包材の進化 >> 流通が求めるニーズ

流通が求めるニーズ

img004

梱包材は、歴史的には、まず商品やモノを運びやすくすることと、中身を守ることを大きな目的として開発されたといえるでしょう。

この2大機能は、現在でも梱包材に求められる最も大事なニーズです。

現在、梱包材に求められていることもこの2大機能をさらに進化させたものといえるでしょう。

例えば、経済のグローバル化によって、今や多くの商品は様々な国を行きかっています。

国内で企画したものを、海外の工場で作り、世界中で販売するといったことも、もう珍しいことではありません。

こうしたことを実現するためには、商品が長時間の移動に耐え、なおかつそれにかかるコストが安価でなければなりません。

多くの国でもう鉄の箱が輸送に使われることはほとんどありません。

頑丈な木箱を見かけることも少なくなりました。

これは、物を運ぶ、中身を守るという2点から考えれば、より優れたダンボールやプラスチックダンボールなどの梱包材が開発されたからにほかなりません。

こうした新素材はメーカーと流通が求める現在のニーズにぴったりと合ったといえるでしょう。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。