HOME >> 梱包材の進化 >> 木箱にかわる

木箱にかわる

img010

紙と木材を単純に比較すれば、木材のほうが強度も強く思えるのは当たり前ですが、要するに流通に必要な強度を保ち、中の商品を守れる強度を持てばよいわけですから、そうした点ではダンボールは十分な強度を持っているといえるでしょう。

紙の素材や紙の重ね方、紙への波のつけ方など、様々な工夫によって、現在のダンボールは輸出など過酷な環境もらくらくとクリアする強度を持っています。

しかも軽さは木材より遥かに優れているわけですから、搬送コストにも優れています。

もちろん軽くなる分、作業性は非常に優れたものになります。

もちろん航空輸送の場合、そのコスト差は相当に大きなものになります。

さらにダンボールの良い点は保管コストも少なくてすみ点です。

木箱は畳むことはできませんが、ダンボールなら畳んで保管しておけば、倉庫の片隅で十分に保管しておくことができます。

またダンボールには、開けやすく閉めやすいという利点もあります。

開梱時に木材と釘などを分別する必要もありません。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。