HOME >> 梱包材の進化 >> 梱包材の技術

梱包材の技術

img013

梱包材の技術は、梱包する商品を守ること、梱包のコストを抑えること、梱包しているものが何かがすぐにわかることなどを目標に技術開発されてきました。

梱包する商品を守るためには、梱包材を硬くする、緩衝材を入れるなどの工夫が考えられます。

しかし、梱包材を硬くするために、例えば素材に鉄を利用すれば、それは非常に重くなり大きなコストがかかってしまいます。

そこであくまで紙やプラスチックといった軽い素材を利用して、硬く丈夫な梱包材を制作することが必要です。

その上で、中仕切りに工夫を加えるか、緩衝材を用いるかといった選択をします。

例えば、その商品が大量に生産されるものであるなら精密な中仕切りを作ることが安全面ではよいかもしれません。

実験と細心の設計によって、最小コストで最大効果と絶対に商品を守れる中仕切りを作ることが現在では可能です。

例えば、ノートパソコンの梱包などでは、緩衝材をまったく用いずに、ダンボールの中仕切りだけで、落下実験をクリアできる、しかも最小の梱包を実現している例などがあります。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。