HOME >> ダンボール梱包の進化 >> いろいろなダンボールの形があります

いろいろなダンボールの形があります

主に箱として使われるダンボールにもいろいろな形があります。

最も多く流通している、蓋と底が観音開きのダンボールを「A式みかん箱タイプ」と呼びます。

底と蓋に粘着テープを使用して配送などに使います。

材質は様々で、オリジナル加工で寸法を変えて注文することも出来ます。

蓋の部分が差し込み式で底が組み込み式のダンボールを「B式差し込みタイプ」と呼んでいます。

型抜きが必要なタイプと不要なタイプとがありますが、どちらも畳むことが出来ますので、場所をとりません。

内箱として利用されることもあります。

ダンボールの蓋と本体が完全に別々になるお弁当箱のようなものを「C式」と呼びます。

お菓子の箱やギフトセットに多く使われているダンボールです。

型抜きが必要で蓋はB式のタイプ、サイドや底が組み立て式になっているダンボールを「N式」と呼んでいます。

サイドを引っかけて組み立てるタイプとサイドを折り込んではめ込むタイプがあり、細かく分類することが出来ます。

ギフトケースやディスプレイに用いられています。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。