HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 特殊な梱包用

特殊な梱包用

カレンダーやポスターなど、丸めて筒状になるものを配送する時に使われるのが、「箱紙管・ポスター箱形式」と呼ばれる細長いダンボールです。

蓋と底の部分を折り込んで使います。

「タトウ式」と呼ばれる薄いA式に似たダンボールは、CDやDVDなどの薄いものの配送に使われるダンボールです。

A式と違う点は使い方にあります。

A式やB式のダンボールが、組み立ててから中身を収納するダンボールなのに対して、タトウ式は組み立てていない状態で広げたダンボールの底の部分に荷物を置いてから組み立てます。

現在では薄い観音開きのダンボールをタトウ式と呼ぶこともありますが、正確に言うとタトウ式はA式のように底は切れていない状態です。

一般にはあまり浸透していませんが、新しい商品にプラスチックダンボールというものがあります。

ダンボールに似た構造のプラスチックの板を組み立てて使います。

コストは高いのですが、繰り返し使えるというメリットがあります。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。