HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 紙袋も梱包用資材

紙袋も梱包用資材

宅配便で使うことの出来る梱包用資材はダンボールだけではありません。

紙袋でも規格のサイズ内で送り状がきちんと貼られていれば宅配便に使うことが出来ます。

運賃のサイズが小さくなりコストを抑えることが出来るため、少量の荷物に利用されることが増えています。

しかし、ダンボールとは違い紙袋は非常に薄い造りですから、気泡緩衝材やフィルム緩衝材などでしっかりと梱包する必要があります。

そんな時には宅配用の紙袋にそのまま入れることの出来る、緩衝材で作られた袋が便利です。

荷物を袋の中に入れて紙袋にセットすることで簡単に緩衝材入りの紙袋が出来上がります。

ただし、食器類などのワレモノには不向きです。

紙袋にはダンボールと同様に会社名などを印刷することも可能です。

配送用の封筒は郵便やメール便に使われていますが、こちらも紙袋と同様に、中に緩衝材をセットすることも可能ですし、初めから緩衝材が貼りつけられた封筒も人気を呼んでいます。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。