HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 名入れオリジナル

名入れオリジナル

シンプルなダンボールでも社名が印刷してあるだけで、自社のダンボールであるという目印になるだけでなく、顧客に対する信頼度がアップするという効果があります。

特にネットショップでは、顧客とショップをつなぐ唯一の大切な接点となります。

ロゴや社名を印刷するには、ダンボールの形状や厚みを選んだあと、印刷するデータを入稿します。

初めての注文の場合は、印刷に使う「版」を作ってもらう必要がありますので、ダンボールの料金とは別に「版代」が必要になります。

経費は掛かりますが、無地のダンボールで商品が送られてきた場合と、ロゴ入りのダンボールで商品が送られてきた場合。

受け取る側の印象は大きく変わり、リピート注文へと繋がっていくことを考えれば高い投資ではないはずです。

業者によっては、印刷可能なダンボールの形状を指定しているところもありますので、自社の荷物とダンボールの形状がマッチするかの確認が必要です。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。