HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 再利用

再利用

ダンボールはしっかりとした造りの箱ですから、何度も再利用することが出来ます。

再利用の注意点としては、個人情報保護のため送り状は必ず破棄すること。

重量のある物を収納する時には、強度(特に底)に問題が無いか必ず確かめることなどが挙げられます。

また、配送用として再利用しなくても、蓋の部分を折り込むか切り取るかして、部屋の収納として使うことも出来ます。

また、着なくなった衣類の保管や書類の保管にも役に立ちます。

どこにダンボールを置くのかにもよりますが、持ち手のないダンボールであれば、持ち手を空けて使いやくするための工夫が必要です。

白いダンボールや柄が印刷されているダンボールであれば、工夫次第でインテリアとしても活躍します。

また、利用した後のダンボールはリサイクルされて新たなダンボールとして生まれ変わります。

簡単に捨てずに、リサイクルを意識して地域の古紙回収などで引き取ってもらうようにしましょう。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。