HOME >> ダンボール梱包の進化 >> リサイクル

リサイクル

日本の古紙のリサイクル率は、世界の中でもトップレベルといわれています。

しかし、ダンボールだけに目を向けてみると、古新聞・古雑誌に比べて回収率が悪いという現状があります。

ダンボールの原料となるのは、ダンボールとしての役目を終えて溶かされた紙です。

リサイクルが進まずに原料が不足すると新しい紙を必要とすることになります。

せっかくリサイクルできる原料があるのに、燃やしてしまうのはもったいないことです。

ダンボールの回収を行う業者もありますので、自治体のゴミの日に出せなかったという場合でも捨ててはいけません。

回収されたダンボールは細かく裁断されて溶かされ、機械を通して紙として再生します。

最高品質の紙は出来上がりませんが、多くの繊維が絡み合っていることで、ダンボールに最適な強度が出せるのです。

ダンボールの原料に最適な紙はダンボールです。

ぜひ、個人単位からダンボールのリサイクルを進めていきましょう。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。