HOME >> ダンボール梱包の進化 >> ダンボールの原料

ダンボールの原料

ダンボールは、新聞や雑誌と同様に古紙として回収された後、再び新しいダンボールへと生まれ変わります。

そう、ダンボールの原料はダンボールそのものなのです。

皆さんは、使い古したダンボールをどうしていますか?リサイクルのため、決められた曜日に収集場所へ持って行ったり、引っ越しで大量に出た場合には業者さんに引き取ってもらったりしている事と思います。

そうやって集められたダンボールは古紙回収業者の手によって引き取られ、まずは製紙工場へ向かいます。

製紙工場とは、ダンボールを水で濡らして溶かし、ダンボールの元となる原紙へと加工するための場所です。

原紙は薄っぺらで、まだダンボールの面影はありません。

こうして作られたダンボール原紙は、次にダンボール工場へと向かいます。

ダンボール工場は、ダンボール原紙をダンボールシートへと加工した後、私達がよく知っているダンボール箱へと成形するための場所です。

ここで、ようやく薄っぺらの原紙がダンボール状に加工され、さらに折り目が付けられてダンボール箱へと再生するのです。

ダンボール工場では、製造過程でダンボールの破片や切れ端が発生しますが、これらは製紙工場へと送り戻され、再びダンボールの原料となります。

日本では、ダンボールを含む古紙再生率が9割以上を誇っており、リサイクルには非常に力を入れている国であると言えます。

なお、ダンボールの原料の一部としては、新聞や雑誌が用いられる事もあります。

また、中古のダンボールや新聞、雑誌だけを使って作られたダンボールはどうしても強度や見た目の面で劣るため、一部のダンボールにはパルプが含まれています。

パルプが使われていると言うと「勿体ない」「環境に優しくない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ダンボールに使われるパルプは成長過程で曲がってしまった木や、細い木、間伐のために切られた木、あるいは家を解体した際の柱などを有効活用したものですのでご安心下さい。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。