HOME >> ダンボール梱包の進化 >> ダンボール箱のサイズ

ダンボール箱のサイズ

ダンボール箱には色々なサイズが存在すると言うのは皆さん既にご存じの事と思います。

宅配便を利用したり引っ越しの荷造りを行なったりする際には、どのサイズを使えば良いのか悩む事もあるのではないでしょうか。

まず、最も小さい60サイズは縦・横・高さの合計が60cm未満の箱であり、およそ10kgの重量に耐える事が可能です。

重たい物を少量入れて運ぶのに適しているので、書籍やガラス製品、陶磁器類の梱包に適しています。

もちろん、宅配便でちょっとした雑貨類を送るのにもこのサイズの箱が活躍してくれる事でしょう。

次に大きい80サイズは縦・横・高さの合計が60cm以上80cm未満の箱であり、耐えられる重量については60サイズと同じ10kg程度です。

60サイズには入らないファイル類や雑誌、カタログなどの梱包に向いているので、オフィスなどでよく使われています。

書類整理にもピッタリのサイズなので、書斎の整理に役立ててみては如何でしょうか。

80サイズの次に大きい100サイズは縦・横・高さの合計が80cm以上100cm未満の箱であり、およそ20kgの重量に耐える事が可能です。

いわゆる一般的な大きさのダンボール箱に当たるのがこのサイズで、果物や野菜の梱包によく用いられる他、引っ越しのシーンでも生活用品や雑貨類など色々な物を入れられる箱として多用されています。

ノートパソコンを梱包する場合も、100サイズがピッタリのようです。

100サイズの次に大きな120サイズは縦・横・高さの合計が100cm以上120cm未満の箱であり、衣料品やぬいぐるみといったかさ張る布製品や子供のおもちゃを大量に入れるのに適しています。

多くの家電製品に対応出来るサイズでもありますので、引っ越しや宅配便、通信販売など何かとお世話になる機会がある事でしょう。

ここでご紹介した60サイズ~120サイズは宅配便で一般的に用いられているサイズですが、この他にも下は40サイズや50サイズ、上は140サイズ、160サイズ、180サイズなど、幅広い大きさのダンボール箱が存在し、ダンボールの専門店で購入が可能です。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。