HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 引っ越しに役立つダンボール

引っ越しに役立つダンボール

引っ越しの際には、荷造りで何かと手を焼いた覚えがある方も多いのではないでしょうか?例えば、大切なスーツや制服、お出掛け着を畳んでダンボール箱に梱包したら、シワが出来て台無しになってしまった......なんていう経験、きっと誰もが1度は味わったことがあるはず。

そんな方にお勧めなのが「ハンガーボックス」と呼ばれるダンボール箱です。

これは、洋服をハンガーに掛けたまま梱包する事が出来るというもので、コンパクトなクローゼットのような形状をしています。

ダンボールで出来ているだけあって軽量で、服をたくさん入れても持ち運び自在ですが、作りはかなり頑丈でしっかりとしているのが特徴です。

新居で状況が落ち着くまで暫くの間はこのハンガーボックスをそのままクローゼット代わりに使う方が多い他、オフシーズンの服の保管用に使われる方もいらっしゃいます。

また、冷蔵庫や洗濯機といった重量のある家電製品、あるいはタンスや書棚、食器棚などを移動させる時に、うっかり引き摺ったりぶつけたりして床や壁を傷付けてしまったなんていう苦い体験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?特に、新居でこれをやってしまうと悲惨ですよね。

そのような事態を防ぐために、予め用意しておくと便利なアイテムとして「巻きダンボール」があります。

これは、ライナーが片面だけに貼られた状態のダンボールの事で、ロール状に巻かれているのが特徴です。

使う分だけハサミで切ったり破ったりして使えますから、これを床に敷いて家財道具を動かせば、床も物も両方傷付けずに済むという訳です。

様々なサイズがある上に、柔らかいので折る事も出来ますから、床に敷くだけでなく家財道具に直接巻いたり、割れ物やデリケートな家電製品を包んだりと緩衝材の代わりにも使え、梱包にも役立ちます。

また、巻きダンボールを床に敷いておけば、土足のままで出入り出来るようになるというメリットもあるので、作業を効率良く進められる事でしょう。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。