HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 上手に梱包をする秘訣

上手に梱包をする秘訣

ダンボール箱に荷物の梱包をするためには、組み立てが必須となります。

組み立てるのは誰にでも出来る事ですが、梱包で失敗しない要となるのはガムテープの貼り方です。

一般的によく見られるのは、ガムテープを上下の合わせ目だけに貼る「I字貼り」ですが、時々、補強の意味を込めてなのか底面をH型に貼る「H字貼り」も目にする機会があると思います。

しかし、実はこの「I字貼り」と「H貼り」、強度にほとんど差は見られないのをご存知ですか?H字貼りの方が頑丈になると思って実践していたけれど、実際にはただ単にガムテープを無駄に使っていただけだなんて、ちょっとショックですよね。

そこで、マメ知識を伝授しましょう。

本当に補強する効果があるのは「十字貼り」あるいは「キの字貼り」です。

底面をこの貼り方にする事で底を抜けにくくする効果があり、特に本や書類を梱包する場合にお勧めです。

また、高さがある物や、筒状の物を梱包する際には、ダンボール箱の上面を閉じる事が出来ずに困った経験はありませんか?この場合、もちろん無理に閉じる必要はありませんが、そのままだと安定が悪く輸送時に倒れてしまう可能性があるので、立たせた上面をガムテープで固定しておきましょう。

こうする事で箱の高さが増し、輸送時の揺れで中身が飛び出す心配がありませんし、安定も良くなります。

なお、ダンボール箱に荷物を詰める時のコツは、重い物を下にして、上に行くにつれ軽い物を入れていく事です。

この方法なら、上に積んである荷物の重量で下に置いてある物が破損する心配がありませんし、箱を運ぶ時の体への負担も軽減されます。

それから、重量がある物を1つの箱に集中させないようにするのも上手に梱包をする秘訣です。

重量がある物をたくさん入れると運ぶ時に苦労するだけでなく、落下などで思わぬ事故を招く可能性がありますし、ちょっとした衝撃で箱の中の物に負担が掛かって破損の原因にも繋がります。

重たい荷物は複数の箱に分散させ、バランス良く梱包する事で、輸送や荷解きの際の危険や苦労を最小限に抑える事が出来るのです。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。