HOME >> ダンボール梱包の進化 >> ひと工夫で梱包が楽に

ひと工夫で梱包が楽に

引っ越しで家財道具一式を梱包しなければならない時「面倒臭い」「時間がなくて間に合わない」なんて気が重くなりませんか?確かに、引っ越しをする2~3日前から梱包を開始すると短時間で多くの作業を行なう必要が出てきて、誰だって憂鬱になってしまうものですよね。

引っ越しの荷物の梱包は、2週間程前から徐々に始めてみては如何でしょうか?もちろん、そんなに早い段階から何もかもを梱包すると生活そのものに支障が出てきてしまいますから、普段使わない物から徐々に箱に詰めていけば良いのです。

例えば、シーズン外の服や電化製品、スポーツ用品、アウトドア用品などから手を付けていくのはどうでしょうか。

夏にコートやセーターを着る事はありませんし、暖房器具も使いませんよね。

「これは絶対、引っ越しまで使う事はない」と断言出来る物から優先順位を付けて梱包していくだけで、随分と片付くものですよ。

普段は棚にしまったままの本やぬいぐるみ、コレクション類なども早期からダンボール箱に入れる事が出来ますね。

反対に、引っ越しギリギリまで梱包しないでおくのは、日用品や文房具、普段着る服、下着類、布団などです。

引っ越し当日に梱包する物を一気にまとめて入れられるよう、大き目のダンボール箱を1つ組み立てておけば、素早く身の回りの物を片付けられて重宝します。

冷蔵庫や洗濯機など巨大な家電製品をそのまま運ぶ方もいらっしゃいますが、出来れば巻きダンボールで周囲をぐるりと包んでおかれた方が、家の中が傷つくのを防げますし、家電製品の破損や汚れを予防する事も出来てお勧めです。

なお、引っ越しで使うダンボールには「キッチン・食器類」「書斎・本」といった具合に新居での搬入場所と中身を予めマジックで書いておくと、荷解きの際に役立つだけでなく、梱包の際にも何を入れれば良いか迷わずに済んで楽になります。

細いペンで書くと見難いので、なるべく太めのペンで大きくハッキリと記載するようにしましょう。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。