HOME >> ダンボール梱包の進化 >> ダンボール箱を運ぶ秘訣

ダンボール箱を運ぶ秘訣

ダンボールを運ぶ時、ただ勢いに任せて持ち上げると「ぎっくり腰」の原因になってしまう事があります。

腰を1度痛めると長引きますし、再発し易いと言います。

それに、引っ越しや大掃除などで忙しい時にこのような状態になっては家族や周囲に迷惑がかかりますし、せっかくの予定も台無しになってしまいますよね。

ここでは、ダンボールを運ぶ秘訣について取り上げていきますので、今後のため是非ご参考になさって下さい。

まず、重たい荷物を持ち上げる時に重要になるのが「重心」です。

作業を始める前には必ず自分の体の重心が何処にあるのかを意識し、その重心が腕と腕の間に来るようにダンボール箱を手に取ります。

そして、いよいよ持ち上げる体勢に入りますが、この際には「腰を入れる」のがポイントです。

「腰を入れる」という感覚がなかなか理解出来ない方も多いかもしれませんが、荷物を腕の力だけで持ち上げるのではなく「体全体、特におへそで荷物を支える感覚」を意識してみて下さい。

体勢的には、屈んだ状態から荷物を持つのではなく、足を広げて膝を曲げた状態から持つのが正しい方法で、荷物を持ったらそのまま腰より上に持ち上げます。

腰より下の高さに荷物があると腰への負担が大きくなりますので、必ず上の方でキープするよう心掛けましょう。

腰を入れて荷物が持てていると、荷物の重さが体全体に分散されているように感じられるため、腰だけでなく腕の負担も軽減されるというメリットもあります。

また、作業の前には必ずストレッチをしておく事も忘れてはなりません。

そんなに専門的なものではなく、ラジオ体操程度で十分なので、体をしっかりと解してから臨んで下さい。

なお、楽に荷物を運搬するためには、ダンボールの梱包にもポイントがあります。

ダンボール箱の内部は重たい物が下に、軽い物が上になるよう詰めましょう。

1つの箱に重たい物ばかり入れず、それぞれの箱に分散させ、重さが一定になるよう配慮する事も大切です。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。