HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 色々なダンボールデザイン

色々なダンボールデザイン

ダンボールと言うと、一昔前まではクラフト色しかありませんでした。

しかし、現在は「カラーダンボール」と呼ばれる物が登場し、随分とカラフルなダンボールが増えてきたものです。

赤、青、黄色、緑、オレンジ、ピンクといった鮮やかな色はもちろん、優しいパステル調の色が付けられた可愛らしいダンボール箱もあり、ただ荷物の梱包や輸送に用いられるだけでなく、商品の演出やギフトラッピング、企業の宣伝・イメージ戦略・差別化など新しい機能がダンボール箱に求められるようになった証と言えるかもしれません。

ところで、このカラーダンボールはどういった構造になっているかご存知でしょうか?ナチュラルなクラフト色のダンボールの場合、表ライナーと裏ライナーには色を付けていない原紙を使用しますが、カラーダンボールの場合には、表ライナーと裏ライナーそれぞれを様々な色の中から選択し、組み合わせる事が出来る仕組みになっています。

つまり「表も裏も赤」というダンボールを作る事が出来れば「表は白、裏は赤」というダンボールを作る事も可能なのです。

また、カラーダンボールには色だけでなく模様のバリエーションも豊富で、木目を付けて木箱のように見せたり、大理石の模様を付けて高級感を出したりと、ユニークな演出も出来るようになっています。

特に、通信販売のダンボール箱にはこのカラーダンボールの性質が上手く活かされており、ぱっと一目見ただけでどこの会社か分かるような模様が付けられていたり、箱の内部にお客様へのお礼や会社のポリシーが印刷されていたりするものがあります。

ダンボール箱そのものがちょっとしたサプライズになっていると、会社の好感度が上がりますし、購買意欲にも繋がりますね。

ダンボール箱は、ただ梱包するだけという目的から、受け取り手の視覚と心に訴えかけるツールへと進化しつつあると言っても過言ではありません。

ダンボール箱が今後どのような発展を遂げていくのか、ますます注目が高まりそうです。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。