HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 個性的なダンボールデザインの例

個性的なダンボールデザインの例

ダンボール箱を日頃から注意して見ていると、時々とてもユニークなデザインにお目にかかれる事があります。

例えば、お花をプレゼントする際に使われる「フラワーギフトボックス」には、表面が白やピンク、ブルーなど美しい美粧ダンボールが使われています。

内部には鉢やバスケットを固定するための枠が設置されており、デリケートな花がなるべく衝撃を受けないよう配慮されている他、透明フィルムなどで作られた窓も取り付けられています。

この窓は、中身を確認するために欠かせませんが、それだけでなく、お花が光合成をするために必要なものでもあるのです。

箱の上部に持ち手が付けられているタイプもあり、ご自身で直接先方に手渡ししたい場合に役立ちます。

また、果物をプレゼントする際に用いられる「フルーツギフトボックス」は、メロンやスイカ、苺のパックなど1つの果物を梱包するため専用に作られたタイプがあれば、様々な果物を自由にセレクトして入れられるよう枠や蓋が無いタイプもあり、デザインや用途の幅が広い箱です。

フラワーギフトボックスと同様に美粧ダンボールが使われており、上部に持ち手が付けられたタイプや、弁当箱タイプ、中にどのような果物が入っているのか連想出来るよう表面に絵や写真が印刷されたタイプなどがあります。

個性的なダンボールデザインの例としては、上記の他にも通信販売や通信教育で使われているもので表面に可愛らしいプリントがされている箱、家の形をした箱、内部に色付けやメッセージの印刷が施されている箱などが挙げられます。

特にお中元やお歳暮の時期、入学・卒業シーズン、クリスマス、年末年始などのイベント時には物流のシーンで非常にデザイン性の高いダンボール箱が活躍しているものです。

贈り物を選ぶ際には、ダンボール箱のデザインにも是非目を向けてみて下さい。

受け取り手へのサプライズを意識するのであれば、箱を受け取った時点でワクワクするようなデザインを選びたいところですよね。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。