HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 梱包する物によって変えるダンボール

梱包する物によって変えるダンボール

ダンボールなどで梱包するものは様々な種類があるでしょうから、一言に何をどれで包んでいくなどという事は言えませんが、その包みたいものの種類によって利用するダンボールの種類は変える事が出来ると思います。

そもそも、そういった箱には種類があるのか?と思う人も少なくないでしょう、箱と聞くとある程度の種類を浮かべる人も居るかもしれませんが、ダンボールと聞くと大抵の人が思い浮かべるのはみかん箱のような上下の開く形のものであるでしょうし、その中から種類別のものが判断できるかと言われると上手く浮かばない人のほうが多いのではないでしょうか?
実際そういった種類というのは、同じ箱の形をしていても、そのダンボールシートの厚さなどにもよって強度が違ったりするものなのです。

そういった物を意識した事が無いという人も居るかもしれませんが、梱包する物によってはそういった事を意識しなければならない場合もありますので、よくお考えください。

その中に入れるものの重さはどれくらいなのか、大きさはどれくらいなのか、どうやって運ぶのかなど。

それらを意識していくと、大体梱包するものにあわせて箱の厚さなども決まってくるでしょう。

箱選びというのは案外重要なものですから、大事なものを包むものほど、よく選ぶ必要があるのではないでしょうか。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。