HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 梱包する物に合わせた箱の形

梱包する物に合わせた箱の形

どんなものにしたって最初は何かしらの箱や袋などに梱包されているのが普通ではないでしょうか。

特に商品なんかはそうですよね、何にしてもダンボールなどの箱であったりビニールや紙の袋に詰められていると思います。

そういった物の箱の形には注目してみた事があるでしょうか。

あまりダンボールなどに目を向けたことは無いと思う人も居るかもしれませんが、その箱自体は商品などを守るためにあるとても重要な役割を果たしているものなのです。

どういった商品なのかによってその箱の形状というのは変わると思いますから、ただのダンボールと思わずに一度気にしてみるのも良いのではないでしょうか?

皆さんが普段手にしているもの、また商品を取り出してしまえば必要ないからと捨ててしまいがちなそれは、どういった工夫がされているのでしょうか。

一言で箱と言っても様々な形がありますので、蓋が取り外しできるものもあれば、その蓋が開けてもバラけないものもあるでしょう。

みかん箱のようにテープなどで止めなければならないものもあると思いますし、こうして考えてみると種類がとても多いことが分かります。

もしも何かしらの物を自分で梱包したいと思った時なんかにはそういった事も意識してみると良いのではないでしょうか。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。