HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 進化するダンボールの見た目

進化するダンボールの見た目

ダンボールと言われると普通思い浮かべるのはみかん箱のような形状であり上下が開くタイプのもの、そして色はクラフト色で地味であり少し古臭い印象などを与えるものだったりするのではないでしょうか?

ですが一言にダンボールと言っても様々な形状のものがありますし、その形状の進化、見た目の進化というのはとても大きいものが見られてくると思います、皆さんは意識して気にかけてみた事があるでしょうか。

例えば普通であればクラフト色のものをイメージしてしまいがちなダンボールですが、それに色が付いたカラーダンボールという物が最近では出回っています。

もちろんただ食材などを入れて運ぶためだけに使われるのであれば、クラフト色のもので商品や会社のロゴが記入されているものを使えば良いのだと思いますが、中身によってはオシャレな梱包を使いたいと思う人も居るでしょうから、そういったカラーダンボールなども利用されてきているのです。

サイズや色などを変えたり、形状を意識するだけで、同じ紙から出来ている箱といえど、全然イメージは変わると思います。

皆さんが普段買い物などで目にしている箱、それも大体は紙で出来ているものですよね。

低コストでそれらを準備できるという事もありますし、デザインのしやすさなどでも重宝されていると思います。

ただの紙から出来ているといっても、それゆえの利点を生かし、日々進化してきているのです。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。