HOME >> ダンボール梱包の進化 >> 湿気を避けるべきダンボール

湿気を避けるべきダンボール

弱点と言うのは何に関してでもあると思うのですが、ダンボールというものにも、それには弱点というものがあると思います。

その弱点というものはいったい何なのかというと、いくつかありますがその中のひとつに湿気というものがあります。

ダンボールは紙から出来ているものですから、それら湿気にはめっぽう弱いものになってしまう事でしょう。

その湿気の多いところ何かに置いたままにしておくと、その箱自体の強度が下がるということ以外にも、それらにカビが生えてしまう恐れもありますのでご注意ください。

湿気を吸いやすいそれらというのにカビは生えやすいものだと思いますから、何かの保存をしていくことが必要な場合などには、十分に気をつけていくことが必要になるはずです。

特に湿気などの多い場所、暗がりの倉庫などを利用する場合には注意が必要になるのではないでしょうか。

利用のしどころを意識していくことで、いったいどういうところで注意が必要なのかという事が分かると思いますので、日常的に利用しているところに関してもよく考えていくことをお勧めします。

様々な種類のダンボールを利用していく上で、避けるべきことは何なのか、それに関してもよく理解をしていく事が必要です。

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。